特定調停 〜借金問題の解決方法〜

特定調停

特定調停とは簡易裁判所での調停委員が間に入って債権者と債務者が話し合いによって借金の整理を行っていく方法です。裁判のように争うわけではありませんが2〜3度簡易裁判所に出向き話し合いをしなければなりません。弁護士や司法書士など法律家のサポートのもと借金を利息制限法に基づき計算し直して元金の減額や利息カットなどを協議和解して返済方法を決めていきます。特定調停は民事再生や自己破産とは異なり、保証人が付いている債務を除いて一部の借金のみを整理することが出来ます。財産を所有していても処分する必要がないので有効な債務整理の手段となるでしょう。しかし消費者金融のような利息が高額な所で借り入れをしてないと借金の総額は減額できません。任意整理と同じく元金を3年程度で返済していくことになるので多額な借金をしていると月々の返済は困難になります。

特定調停のメリット・デメリット

メリット
  1. 調停委員が代理人として交渉してくれる。
  2.    
  3. 利息制限法に基づき引き直し計算をすることにより取引年数・返済回数が多ければ多いほど大幅な減額が見込める。
  4.    
  5. 特定調停に申し立てすると法的に取り立て・請求行為ができなくなる。
  6.    
  7. 民事執行による差し押さえや強制執行などを停止させることが可能。
  8.    
  9. 一部の債権者のみを選んで申し立てることができる。
  10.    
  11. 自己破産とは異なり一定の財産は失わずにすむ。
  12.    
  13. 官報や破産者名簿に載ることはない。
  14. 職場や周囲には迷惑がかかることは無く解決できる。
デメリット
  1. 5〜7年間信用情報機関に登録されブラックリストに載るので銀行からの借金やクレジットカードなどは作ることが容易ではありません。
  2.    
  3. 話し合いによる合意が基本なので債務者の主張に債権者が応じるとは限らない。
  4.    
  5. 具体的な返済プランなど調停委員を納得させられないと成功しない。

過払い金を取り戻せ!

Yahoo!ブックマークに登録