過払い金返還請求 〜借金問題の解決方法〜

過払い金返還請求

過払い金は法的に考えるとサラ金の不当利得となりサラ金は法的根拠なく債務者からお金を受け取っていることになるので、この過払い金の返還を債権者に請求することができます。この過払金を取り戻せれば残っている借金の返済に充てることができます。過払金返還請求の時効は10年ですので、すでに完済しているサラ金などと取引があった過去の過払い金も完済から10年間は過払金の返還をサラ金に請求する事が可能ですので法律上当然の権利として認められていますので決してあきらめないでください。

利息制限法で定められている利息は、
元本が10万円未満の場合 → 年間20%
元本が10万円以上100万円未満の場合 → 年間18%
元本が100万円以上の場合 → 年間15%

現在では下記のような要件を充たしている業者はほとんどありませんが貸金業規制法は利息制限法を超える利息についてある一定の要件を満たす場合には業者が取得してもよい、と定めている要件があります

  • 貸主が貸金業者である
  • 返済を受ける度に法律で定められた事項の記載のある領収書を交付している
  • 貸付けの際に法律で定められた事項の記載のある契約書を交付している
  • 利息の支払いが任意である

これらの4つの要件を全て充たしている場合は年間29.2%までの利息が認められています。ですから 4つの要件を充たしている業者に過払い金返還請求をしてもみなし弁済として返還の義務は認められない と業者が主張してくることもあるようです。

過払い金返還請求のメリット・デメリット

メリット
  1. 支払い過ぎたお金を取り戻すことができます。
  2. 払い過ぎたお金に利息がつきます。
    現在は貸金業の規制等に関するみなし弁済が事実上認められていないので、利息制限法超過の利息を収受していた貸金業者は悪意の受益者になり、過払い金に5%の利息を付して返還しなければなりません。
デメリット
  1. 5〜7年間信用情報機関に登録されブラックリストに載るので銀行からの借金やクレジットカードなどは作ることが容易ではありません。

過払い金を取り戻せ!

Yahoo!ブックマークに登録