民事再生 〜借金問題の解決方法〜

民事再生

民事再生(個人再生)とは自己破産とは違い資格や住宅等の財産を失うことなく借金の負担が大幅に軽減されます。原則として3年間の分割払いで返済していくことになります、減額後の借金を完済することが出来れば住宅ローン以外の借金については法律上返済する義務は免除されるでしょう。
住宅ローン以外の借金(一般再生債権)については
100万円〜500万円以下の場合は最大100万円まで減額可能、
500万円〜1500万円未満の場合は最大5分の1まで減額可能、
1500万円〜3000万円以下の場合は最大300万円まで減額可能、
3000万円〜5000万円以下の場合は最大10分の1まで減額可能である。
こうして減額された残金を原則3年で返済していくことになります。特別な事情がある場合に限り支払期間を5年まで延長できるようです。

自己破産は借金全額の返済義務がなくなりますが、住宅など高価な財産や処分されたり資格制限を受け一定の職業につけなくなります。 しかし民事再生は職業に対する資格制限はありませんし、 処分されたくない住宅など高価な財産を所有してる場合に有効な手続きです。 民事再生の中でも個人のみ対象にした手続きを個人再生、または個人民事再生といいます。

民事再生のメリット・デメリット

メリット
  1. 民事再生に申し立てすると法的に取り立て・請求行為ができなくなる。
  2.    
  3. 自己破産とは異なり一定の財産は失わずにすむ。
  4.    
  5. 職場や周囲には迷惑がかかることは無く解決できる。
  6.    
  7. 資格、職業に制限がかかることがない。
  8.    
  9. 差押えの中止・取消し、競売手続の中止。
  10.    
  11. 借金の原因は問われない。
デメリット
  1. 5〜7年間信用情報機関に登録されブラックリストに載るので銀行からの借金やクレジットカードなどは作ることが容易ではありません。
  2.    
  3. 原則として3年間での支払いが必要である。
  4.    
  5. 民事再生を利用するための制限がある。
  6.  
  7. 民事再生の手続き費用の負担が大きい。
  8. 手続き開始されたことが官報に掲載される。
  9.  
  10. 財産に関する管理処分権の制限が付く。

過払い金を取り戻せ!

Yahoo!ブックマークに登録