ブラックリスト 〜債務整理の予備知識〜

ブラックリスト

ブラックリストというリスト自体は実際に存在しません。ブラックリストと呼ばれるものが何を指しているのかを説明いたします。

通常住宅ローンを組んだりクレジットカードを作ったり銀行から融資を受けたり消費者金融からキャッシングした場合、その顧客情報が信用情報機関に登録されます。これを個人信用情報といいます。 普通に返済し滞りなく完済すれば特に何の問題もありません。このことをホワイト情報ということもありますがただの個人情報です。
しかし債務者がある一定期間返済が滞ったり返済過程になんらかの支障をきたした場合その旨が信用情報に特記事項・事故情報として記録されます。これを通称ブラック情報、俗にいうブラックリストということです。

ブラックリストに載るデメリットは

ブラックリストの登録期間は一般的に5年〜7年といわれています。そのため期間内の 新たな借り入れができなくなるということです。銀行や住宅ローンや車のローン、クレジットカードや消費者金融も借りることができません。賃貸住宅などで家賃のクレジットカードからの引き落としでカードを作る際の申し込みでも引っかかることもあります。

お金を借りなければデメリットはほとんど無いといっていいでしょう。

稀なケースではありますが婚姻や養子縁組等で氏名が変わった場合にはブラックリストの登録期間内でも新たな借り入れは可能であるといわれているようです。


過払い金を取り戻せ!

Yahoo!ブックマークに登録