未払い残業代請求 〜債務整理の予備知識〜

未払い残業代請求

残業代請求とは未払いの残業代を取り戻すことができる方法です。
雇用形態に関わらず1日に8時間以上もしくは週40時間以上の勤務をしていれば誰でも残業代を請求することができます。

会社の中には、コストを削減しやすい人件費(残業代等)の支払いを行わない場合も少なくありません。
契約が年俸制、固定残業代制、歩合制などに関わらず、支払いしなくて良い理由にはなりません。 また、残業命令がなくても、実質的に会社からの指揮監督があれば残業代は支払う必要があります。
従業員の方々の中には、深夜労働は当たり前、休日もまったくない状態で働いているのに、まともな残業代すら支払われていない人もいます。

1日8時間以上、週40時間以上働いたら、どのような場合でも残業代を請求できます。 未払い残業代の請求は,あなたの正当な権利です。 頑張って働いたにも関わらず残業代がまったく支払われていない、一部しか支払われていない、などの事情がある場合には、残業代請求を前向きに検討してください。

未払い残業代請求の方法は

残業代についてはいくら労働基準監督署に相談に行っても解決しません。 適切な方法で対応してくれる法律事務所に相談しましょう。
相談無料で具体的な内容や料金を教えてくれるので、相談してみましょう。
100万円から500万円を取り戻したというケースも多いようです。


過払い金を取り戻せ!

Yahoo!ブックマークに登録