おまとめローン 〜債務整理の予備知識〜

おまとめローン(借金の一本化)

おまとめローンとは金利の高い複数の金融機関からの借金をまとめた金額を金利の低い1つの金融機関から借り入れ、返済先を1個所にまとめる手続きのことをいいます。

消費者金融など20%以上の利息で払っていたものが銀行のおまとめローンでは7〜15%程度になることで毎月の返済額も減額することができこの方法によって返済総額を抑えることになります。おまとめローンで借り入れ件数を一本化しても借り入れした総額が変わるわけでわありません。しかし銀行などのおまとめローンは低利のものがありますが、利息が低いほど厳しい審査があります。おまとめローン申し込みの際に勤務先の設立年月・資本金額・従業員数・勤続年数など細かなことを審査が行われるため、このような厳格な審査をクリアできおまとめローンを利用できる方は限られてくるでしょう。一般的に借入金の2〜3倍ほどの年収がなければ難しいでしょう。ローン会社がたくさんあるからといって1社断られて他社での申し込みを繰り返すと申込情報は信用情報センター連合会に報告され更に審査が通りづらくなるでしょう。全国銀行などでのおまとめローンのご利用の場合業者の請求する額をそのまま払ってしまうのでブラックリストなどの信用情報には乗りません。ただし返済先が1社になっても借金を延滞してしまうと借り入れや返済に関する情報を管理している業者は支払い延滞に関するデータが登録され5〜7年は銀行から借り入れもできなくなりクレジットも組めなくなる可能性があります。

おまとめローンの返済が厳しくなると再度別の金融会社から借り入れなどしておまとめローンの支払に当てるということに陥りやすくなることがありますので返済に関して十分な計画を立てることが不可欠です。


おまとめローンのメリット・デメリット

メリット
  1. 月々の返済先を1社にすることができ何社にも返済することがなくなる。
  2.    
  3. 利息の低い業者に借金一本化することで月々払う金額を減らすことができる。
  4.    
  5. 借金の返済が信用情報に延滞情報など登録されず、さらに借入することができる。
デメリット
  1. 任意整理とは異なり元本は減らず、将来も利息が発生し続ける。
  2.    
  3. 過払い金を取り戻すことはできない。
  4.    
  5. 借金の一本化・おまとめローンは返済能力のある人、負債がまだ大きくない人に限られる。

過払い金を取り戻せ!

Yahoo!ブックマークに登録